わら灰釉火間分け沓形片口
釉薬を掛け分ける際に、何も釉薬を掛けない空間を火間と呼ぶが片口でこのようにはっきりと意図的にしたのは古高取焼 内ケ磯窯には無かった。

前のページへ戻る