病気とは     

病気とは本来、人がより健康になるためにあるのですが
気動法トップページに戻る 何時の頃からなのか、人は病気になることを悪い事のように思い、なんとか病気にならないように気を付けるのが慣習となっています。

しかし、古来よりある民間治療といわれるものの中に、今の医学の考え方とは全く異なる治療法があります。

例えば、子供が風邪を引いたりすると、私の田舎では卵酒を飲ませていました。

普段、子供が酒を飲んだりしたら大変ですが、風邪になると強制的に飲ませたりしていました。

これは何故か?。

普段、飲みつけない酒を子供が飲むとどうなるか。

まず、酒に酔うが、酔うとどうなるか。

心臓の鼓動が速くなる。

速いとは?。

血流が速くなると共に体温がより上がる。

血流が速くなるという事は、酸素が多く脳に供給される。

脳の活性化が促進され、脳細胞が増殖する。

体温が上がると、溜まった体毒を溶かし汗などで排泄し、体内のウイルスが高温に耐え切れず死滅する。

つまり、簡単に言えば、脳細胞の増殖と、体毒の排泄と、ウイルスの死滅の目的を兼ねたものとして設定されていると考えられる。

子供の風邪が治った後は、親がビックリする程、言葉が増えていたものです。

よって、子供が風邪を引く事を 「知恵熱」 と言っていたのだが、最近は予防注射はするは、ワクチンは打つは、頭は冷やすはと、逆のことばかりしている。

よって、本来あるべき脳力が欠けているのが最近の若者と言える。

無気力、すぐ切れる、引き篭もり、など精神的虚弱として現れている。

民間治療こそが、かつて 「ジパング」 と呼称された、世界を支配統治していた超文明の頃の超医学のかすかな一部なのです。

これを 「和法」 と言います。

今の地球文明がもっと進化した時、医学は和法に変化しているでしょう。

過去から未来へぐるっと回って又同じ所へ戻って行くから 「和(輪)法」なのです。

話は戻って、病気はこのように人をより一層健康にするために設計され、設置されてはいるのですが、いつの間にか逆の方向に来ています。

よって、本来簡単に治るべきものが不治の病となって悩ませているのが現状です。
乳癌消去法
気動法トップページ